国宝建造物めぐり探訪記

 

国宝建造物めぐり探訪記

トップ  >  山口瑠璃光寺 五重塔

 瑠璃光寺 五重塔をたずねて



日本の三大名塔のひとつでもある瑠璃光寺五重塔
 

景観とマッチした五重塔は、間違いなく国宝一級品である。
私は、国宝の中でも上位の好きな所であり、もう何回も訪れている。
 

観光に訪れるひと誰もが、感嘆の声をはっする。

今から、600年前のものとは思えないほど、どっしりしていて、桧皮葺の檜皮葺の屋根が、瓦屋根と違った独特の雰囲気を醸し出している。
手前の池と後ろの山の木々の緑とが、歴史を重ねながらともに調和してがとれている。
 

瑠璃光寺は、お寺というより、一帯として公園として整備されている。
鴬張りの石畳や沈流亭は、観光バスツアーでは案内されないが、是非よってみたい。
 

 

 

現在の五重塔のある瑠璃光寺は、もともとは「香積寺」というお寺があった。大内義弘が菩提寺として建てたお寺である。

大内義弘の死後、弟の盛見(もりはる)が、兄の菩提を弔うために、香積寺の境内に五重塔を建立に着手した。塔が完成したのは1442年で着工から30年以上かかった。

大内家は「大内文化」と称されているぐらい朝鮮貿易なども盛んに行い繁栄していた。特に義弘、盛見(もりはる)の時代は特に経済的にも豊かであった。この繁栄を背景にすばらしい五重塔も生まれたのであろう。
大内家200年が続くが、第31代大内義隆が、家臣のすえはるかた(陶晴賢)の謀反により1551年に滅びてしまう。その陶晴賢も4年後に毛利元就に敗れる。

毛利元就は、中国8箇所を所領する大名までなったが、関ヶ原の戦いに破れ、徳川家康に命じられ、萩に移封されてしまう。そして毛利家の萩への移転とともに香積寺も萩に移築されることになった。

寺の移転と同時に五重塔も解体され移築されるはずだったが、地元の人の嘆願書で塔が残ることが認められた。この当時の町民の行動としては珍しいことであるとともに、その嘆願が聞きとどけられたことも珍しい。当時の地元の人の五重塔に対する愛情と気持ちが察せられる。

五重塔だけが残ったことになるが、1690年に山口市仁保というところから、現在の瑠璃光寺が移転した。瑠璃光寺の歴史も古く曹洞宗の中国3寺のひとつで末寺も多くあったお寺であったとされている。

五重塔には、阿弥陀如来像とともに、大内義弘の菩提を弔もらうために建立されたことから大内義弘像が安置されている。200年の大内家の繁栄の象徴とも言えるかもしれない。
またそれを守る住民がいて現在も美しく五重塔が輝いている。
(引用 瑠璃光寺五重塔守る会 杉山浩政様 講演会資料)
 


 

 

 香山公園


 
瑠璃光寺敷地一帯は、「香山公園」として、きれいに整備されている。

 


・国宝五重塔
・瑠璃光寺本堂
・手をたたくと不思議に反響する「うぐいすばりの石畳」
・薩長の志士達が密談をした「沈柳亭」
・毛利一族のお墓
・五重塔歴史館
など敷地内に他の施設が集合している。

 


 

その中で「枕流亭」(ちんりゅうてい)という建物を紹介する。

建物の説明書きによると、山口市内から移築されたものであるが、薩摩、長州、坂本龍馬などが倒幕の密談をした場所だったらしい。

その建物「枕流亭」は解放されている。

一階はパネル展示になっていて、明治維新に活躍した人の顔写真と紹介がされている。
二階は当時のままのようだ。その二階からは、瑠璃光寺五重塔が木と木の間から見える。

二階の畳に座り、江戸末期の密談風景を想像しながら、600年前の五重塔をみているとなぜか不思議な気がしてくる。

 

 

瑠璃光寺に立ち寄るバスツアーでは、「枕流亭」は素通りというか、よらないので、知る人ぞ知る場所である。

枕流亭の二階の畳で胡坐をかいて、五重塔を眺めながら、明治と安土桃山時代の贅沢な時を味わう。

 

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:62 平均点:5.65
前
松山 大宝寺
カテゴリートップ
国宝建造物めぐり探訪記
次
山口 香山公園

 

県別の国宝・文化遺産
北海道  青森県 岩手県  宮城県 秋田県  山形県  福島県
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県  福井県 山梨県 長野県 岐阜県
静岡県 愛知県  三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県
奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県
熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県      

 

メインメニュー
国宝建造物めぐりもくじ

岩手県の国宝建造物
 1 中尊寺 金色堂
宮城県の国宝建造物
 2 大崎八幡神社
 3 瑞巌寺

山形県の国宝建造物
 4 羽黒山 五重塔
福島県の国宝建造物
 5 願成寺
栃木県の国宝建造物
 6 輪王寺 大猷院霊廟
 7 日光東照宮

東京都の国宝建造物
 8 正福寺地蔵堂
134 旧東宮御所
神奈川県の国宝建造物
 9 円覚寺 舎利殿
埼玉県の国宝建造物
 136 歓喜院 聖天堂
山梨県の国宝建造物
 10 清白寺 仏殿
 11 大善寺

長野県の国宝建造物
12 松本城
13 善光寺 本堂
14 安楽寺八角三重塔
15 仁科神明宮
16 大法寺三重塔

富山県の国宝建造物
 17 瑞龍寺
福井県の国宝建造物
18 明通寺

岐阜県の国宝建造物
 19 永保寺  20 安国寺
愛知県の国宝建造物
 21 茶室如庵(有楽苑)
 22 犬山城  23 金蓮寺弥陀堂

滋賀県の国宝建造物
24 園城寺      25 石山寺
26 日吉大社  27 比叡山延暦寺
28 彦根城   29 大笹原神社
30 御上神社   31 善水寺
32 長寿寺     33 常楽寺
34 苗村神社  35 金剛輪寺
36 西明寺     37 都久夫須麻神社
38 宝厳寺

京都府の国宝建造物
39 二条城二の丸御殿
40 大徳寺
41 大仙院    42 龍光院 
43 賀茂別雷神社
44 北野天満宮
45 大報恩寺 千本釈迦堂
46 南禅寺    47 銀閣寺 
48 賀茂御祖神社
49 妙法院   50 東福寺
51 龍吟庵     52 清水寺
53 豊国神社  54 西本願寺
55 東寺   56 観智院
57 広隆寺   58 仁和寺 
59 高山寺石水院  60 醍醐寺
61 三宝院(醍醐寺塔頭)
62 法界寺    63 光明寺  
64 平等院    65 宇治上神社
66 妙喜庵茶室 67 浄瑠璃寺
68 海住山寺  69 知恩院

  大阪府の国宝建造物
70 住吉大社  71 桜井神社  
72 観心寺
73 孝恩寺    74 慈眼院

  兵庫県の国宝建造物
75 姫路城    76 太山寺
77 鶴林寺    78 浄土寺
79 一乗寺    80 朝光寺  

  奈良県の国宝建造物
81 秋篠寺    82 春日大社
83 唐招提寺    84 元興寺
85 十輪院    86 東大寺
87 新薬師寺  88 霊山寺
89 薬師寺    90 円成寺
91 興福寺    92 般若寺
93 海龍王寺    94 石上神宮
95 栄山寺     96 長弓寺 
97 法隆寺     98 法起寺
99 室生寺    100 宇太水分神社
101 当麻寺  102 金峯山寺
103 長谷寺  104 正倉院

  和歌山県の国宝建造物
105 金剛三昧院 106 金剛峯寺
107 長保寺  108 善福院
109 根来寺
  鳥取県の国宝建造物
110 三仏寺 奥院(投入堂)
  島根県の国宝建造物
111 神魂神社    112 出雲大社
  岡山県の国宝建造物
113 吉備津神社  114 旧閑谷学校講堂
  広島県の国宝建造物
115 不動院  116 浄土寺
117 明王院   118 厳島神社
119 向上寺 三重塔
  山口県の国宝建造物
120 瑠璃光寺五重塔
121 住吉神社  122 功山寺
  香川県の国宝建造物
123 神谷神社 本殿
124 本山寺 本堂
  愛媛県の国宝建造物
125 石手寺  126 太山寺
127 大宝寺
  高知県の国宝建造物
128 豊楽寺薬師堂
  長崎県の国宝建造物
129 崇福寺   130 大浦天主堂
  大分県の国宝建造物
131 富貴寺   132 宇佐神宮
  熊本県の国宝建造物
133 青井阿蘇神社

 

 

リンク

・国宝の地図
・文化遺産を訪ね日本再発見!
・国宝建造物めぐり探訪記
・五重塔めぐり
・すばらしい日本を再発見!
・西国三十三観音霊場めぐり
・灯台めぐり
・日本めぐり
・国宝建造物完全制覇