国宝建造物めぐり探訪記

 

国宝建造物めぐり探訪記

トップ  >  京都 醍醐寺上醍醐をたずねて

 

 京都醍醐寺 上醍醐をたずねて




下醍醐から山登り1時間 かなり覚悟がいる。最近体力的に自信がなくなっているが、いよいよその時が来た。
「山を登るのは寒いぐらいが調度いい」「冬の方が空気が澄んでいる感じがいい」という理由でこの時期になりました。今回の大きな目的である上醍醐です。
 
 

上醍醐入口 入山料600円


午後2時30分から登ったので時間的にはぎりぎりのようです。
行きに1時間、帰りに1時間見てといた方がよいと入山時に言われたので帰りの予定は4時30分、暗くなるのが5時コ頃なのでぎりぎり、でもこの機会を逃したらまたいつになるか、思い切っていくことにしました。



 

当たり前ですが、本当に1時間登りっぱなし
途中に滝のようなところがあり、湧水のお水が飲めました。とてもおいしいお水。
そこの場所で、「あとどのくらいですか?」と下山してくる人に聞くと、まだ半分かなと言われ、ゆっくり水飲んでいる場合じゃないなとあわててまた歩きはじめました。

  
 
 

    

やはり日頃の運動不足で息があがってしまいましたが、わりと急な傾斜はなかったので山にん慣れている人なら問題ないでしょう。私はマイペースで行ったのでやはり、1時間かかりました。ほぼ上の方に行くとせっかく登ったのにと感じるぐらいの下り部分もあります。そうこうして下っていると上醍醐寺務所が見えました。 


 
 

国宝清龍拝殿を横目に先に醍醐寺の発祥である醍醐の水へ

醍醐の水
   

醍醐寺の発祥となる霊水。
山岳信仰の笠取山にあって、理源大師・聖宝(りげんだいし・しょうぽう)は、この山を登って、白髪の老翁の姿で現れた地主神・横尾明神より、こんこんと水が湧き出るこの山を譲り受けた。そして観音様を刻み、山上に祀ったところからはじまっている。そして笠取山を醍醐山と名つけられた。(案内版より)

この霊水がうまい!コップで飲めるようになっていました。

 


国宝清龍拝殿

拝殿の建立は1088年であるが、今の堂は1434年に再建されました。邸宅風の手法を用いたつつましやかで親しみやすい建築で、古風で純粋な伝統的手法が繊細で垢抜けした姿で活かされており洗練された気品を備え高く評価されている。(案内板より)
 



 

 

国宝 薬師堂


国宝薬師堂は、1121年に再建されたもの。
山上伽藍では最古の建造物で、数少ない平安時代の遺構として貴重なものである。
本尊薬師如来座像は日光月光菩薩と共に国宝に指定されており、豪快な気分を感じさせる優美な像で、歴代の聖帝がご病気の平癒を祈られる度に金箔を尊像に貼り加えられ「箔薬師」の名で信仰を集めている。(案内板より)
 


 

 

国宝薬師堂から見た景色



五大堂
五大堂は907年建立されたが、現在の堂は昭和15年に再建されたもの。




氷で凍っます。やはり寒いんですね。



五大堂の先に如意輪堂、頂上に開山堂があります。
両方とも桧皮葺の屋根で重要文化財です。ここでの見晴らしは最高です。

如意輪堂


開山堂


 


もう4時、人影もなくなってしまいました。
夕日が差す景色もさわやかで、信仰とはこういうところから来るような感じがしました。




そろそろ下山で、下りといえども膝に負担がかかるのでゆっくり降りましたので50分はかかりました。まだ暗くなってなかったので無事帰れました。
下醍醐を一回でると、もう戻れなく別な道から帰ることになります。

 

醍醐寺とは離れた話にはなりますが、
定年になって、国宝めぐりをと思い、ウォーミングアップで定年前にめぐり始めたのですが、定年のころは体力が衰え、今日のようなコースはとってもつらいのではないか。
ということは、定年を待たずに動けるうちにと・・・つくづく感じた次第です。

 

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:45 平均点:4.22
前
京都 醍醐寺下醍醐をたずねて
カテゴリートップ
国宝建造物めぐり探訪記
次
京都 法界寺

 

県別の国宝・文化遺産
北海道  青森県 岩手県  宮城県 秋田県  山形県  福島県
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
新潟県 富山県 石川県  福井県 山梨県 長野県 岐阜県
静岡県 愛知県  三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県
奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県
熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県      

 

メインメニュー
国宝建造物めぐりもくじ

岩手県の国宝建造物
 1 中尊寺 金色堂
宮城県の国宝建造物
 2 大崎八幡神社
 3 瑞巌寺

山形県の国宝建造物
 4 羽黒山 五重塔
福島県の国宝建造物
 5 願成寺
栃木県の国宝建造物
 6 輪王寺 大猷院霊廟
 7 日光東照宮

東京都の国宝建造物
 8 正福寺地蔵堂
134 旧東宮御所
神奈川県の国宝建造物
 9 円覚寺 舎利殿
埼玉県の国宝建造物
 136 歓喜院 聖天堂
山梨県の国宝建造物
 10 清白寺 仏殿
 11 大善寺

長野県の国宝建造物
12 松本城
13 善光寺 本堂
14 安楽寺八角三重塔
15 仁科神明宮
16 大法寺三重塔

富山県の国宝建造物
 17 瑞龍寺
福井県の国宝建造物
18 明通寺

岐阜県の国宝建造物
 19 永保寺  20 安国寺
愛知県の国宝建造物
 21 茶室如庵(有楽苑)
 22 犬山城  23 金蓮寺弥陀堂

滋賀県の国宝建造物
24 園城寺      25 石山寺
26 日吉大社  27 比叡山延暦寺
28 彦根城   29 大笹原神社
30 御上神社   31 善水寺
32 長寿寺     33 常楽寺
34 苗村神社  35 金剛輪寺
36 西明寺     37 都久夫須麻神社
38 宝厳寺

京都府の国宝建造物
39 二条城二の丸御殿
40 大徳寺
41 大仙院    42 龍光院 
43 賀茂別雷神社
44 北野天満宮
45 大報恩寺 千本釈迦堂
46 南禅寺    47 銀閣寺 
48 賀茂御祖神社
49 妙法院   50 東福寺
51 龍吟庵     52 清水寺
53 豊国神社  54 西本願寺
55 東寺   56 観智院
57 広隆寺   58 仁和寺 
59 高山寺石水院  60 醍醐寺
61 三宝院(醍醐寺塔頭)
62 法界寺    63 光明寺  
64 平等院    65 宇治上神社
66 妙喜庵茶室 67 浄瑠璃寺
68 海住山寺  69 知恩院

  大阪府の国宝建造物
70 住吉大社  71 桜井神社  
72 観心寺
73 孝恩寺    74 慈眼院

  兵庫県の国宝建造物
75 姫路城    76 太山寺
77 鶴林寺    78 浄土寺
79 一乗寺    80 朝光寺  

  奈良県の国宝建造物
81 秋篠寺    82 春日大社
83 唐招提寺    84 元興寺
85 十輪院    86 東大寺
87 新薬師寺  88 霊山寺
89 薬師寺    90 円成寺
91 興福寺    92 般若寺
93 海龍王寺    94 石上神宮
95 栄山寺     96 長弓寺 
97 法隆寺     98 法起寺
99 室生寺    100 宇太水分神社
101 当麻寺  102 金峯山寺
103 長谷寺  104 正倉院

  和歌山県の国宝建造物
105 金剛三昧院 106 金剛峯寺
107 長保寺  108 善福院
109 根来寺
  鳥取県の国宝建造物
110 三仏寺 奥院(投入堂)
  島根県の国宝建造物
111 神魂神社    112 出雲大社
  岡山県の国宝建造物
113 吉備津神社  114 旧閑谷学校講堂
  広島県の国宝建造物
115 不動院  116 浄土寺
117 明王院   118 厳島神社
119 向上寺 三重塔
  山口県の国宝建造物
120 瑠璃光寺五重塔
121 住吉神社  122 功山寺
  香川県の国宝建造物
123 神谷神社 本殿
124 本山寺 本堂
  愛媛県の国宝建造物
125 石手寺  126 太山寺
127 大宝寺
  高知県の国宝建造物
128 豊楽寺薬師堂
  長崎県の国宝建造物
129 崇福寺   130 大浦天主堂
  大分県の国宝建造物
131 富貴寺   132 宇佐神宮
  熊本県の国宝建造物
133 青井阿蘇神社

 

 

リンク

・国宝の地図
・文化遺産を訪ね日本再発見!
・国宝建造物めぐり探訪記
・五重塔めぐり
・すばらしい日本を再発見!
・西国三十三観音霊場めぐり
・灯台めぐり
・日本めぐり
・国宝建造物完全制覇